概要

八王子インディアカ協会の概要

設立

八王子インディアカ協会は、八王子市体育指導委員会(現八王子市スポーツ推進委員会)のもとにインディアカ普及審判員養成講習会を受講したメンバーの一人である宮城重男氏が初代会長に選出され、昭和55年10月5日に設立されました。

目的

本会は、八王子市におけるインディアカを代表する団体として普及・振興をはかり、会員の健全なる心身の発達に寄与することを目的としています。

活動

本会は、八王子市レクリエーション協会の加盟団体として活動し、主管事業の「市民スポーツ・レクリエーション大会」・「市民インディアカ大会」及び主催事業の「交流大会」の3回の大会を通年開催しております。 

また、普及活動の一環として「一般社団法人日本インディアカ協会認定C級審判員講習会」や東京都レクリエーション協会や八王子市レクリエーション協会等の講座に講師や審判員を積極的に派遣しております。

本会の会員はインディアカ技術と審判員技術の向上を図るため「一般社団法人日本インディアカ協会認定C級審判員講習会」において、審判員資格を取得し上部団体の主管・主催する大会や催しに意欲的に参加しています。

敬具

八王子インディアカ協会には、現在(2015.01)、21クラブ・約280名のインディアカ愛好者が活動しておりますが、これからも愛好者を増やし、愛好者の活気ある活動が長年続くよう懸命に努める所存です。